「普通の人」が戦略的にSNSを使う方法


画像1

「普通の会社員」が「プチ有名人」に


SNSとは、個人間のつながりをサポートする会員制のウェブサービスを指す。厳密に言えばブログやTwitterはSNSに含まれないが、ここでは「Facebook」「Twitter」「ブログ」などのウェブサービスによる発信すべてを「SNS発信」とする。
著者は本書で、実名でのSNS発信を勧めている。なぜなら、著者自身、実名でのSNS発信によって人生が変わったからだ。
著者は新卒でNTTに入社した。支社勤務を経て本社のIR担当となり、会社への貢献を考えて懸命に働いてきたが、会社からは思うように評価されない。
無力感を覚えることが増えていき、IT系のコンサルティング会社に転職することにした。しかしそこでもうまくいかず、再び転職。ここでも成果を出せず、クビの恐怖におびえていた。
そんな状況から抜け出せたのは、ブログを書いていたおかげだ。あるブロガーのイベントに参加したとき、隣に座っていた人が自分のブログの読者だったのだ。
一度も会ったことのない人が自分のことを知ってくれている。著者にとっては、「革命」だった。
ブログの次は、SNSを始めてみることにした。すると、ネット業界の関係者の多くがSNSを通じてつながり、日常的にコミュニケーションをとっていることに気づいた。会社を超えた関係が、仕事にもつながっていたのだ。
そこで著者は、会社での残業をやめ、個人でSNS発信をしながら、ネットワークの構築に注力しはじめた。ネット界隈では、所属していた会社名よりも著者の個人名のほうが有名になり、所属している会社に興味を持ってくれる人も増えた。
会社に貢献できるようになることで、クビへの恐怖感はいつしか薄れていった。仕事以外でも、本を出版したり、別の会社の創立メンバーとして声をかけられて社長をつとめるようになったりと、人生が大きく変わっていった。

SNS発信で「わらしべ長者」になる


実名でのSNS利用を勧めても、ビジネスパーソンはいくつかの思い込みから、発信をためらいがちだ。ここでは、2つの思い込みを紹介しよう。
まず、「文章力が必要」という思い込みだ。
ビジネスパーソンのSNS発信には、高度な文章力は必要ない。個人のSNS発信は、「おしゃべり」の延長だ。身構えず、気軽に発信してみよう。
次に、「自分には発信するようなネタはない」という思い込みだ。自分が持っている情報が有用なものかどうかは、自分で判断してはいけない。
なぜなら、どんな立場の人のどんな情報であっても、それを求める人が必ずいるからだ。自分が持っている情報が誰かの助けになり、問題解決の糸口になる可能性は十分にある。

画像2

自分の名前で仕事がひろがる 「普通」の人のためのSNSの教科書

SNS発信は、ネットでのコミュニケーションだけでなく、リアルにもいい影響がある。ここでは、SNS発信が仕事に役立つ理由を3つ紹介しよう。
1つ目は「プルのコミュニケーション」ができることだ。
「プルのコミュニケーション」とは、自分から電話をかけたり会いに行ったりする「プッシュのコミュニケーション」とは異なり、相手の方から情報を求めてやってくるコミュニケーションのことだ。
プッシュのコミュニケーションはコストが高い。たとえば、ある映画について誰かと話したいと思ったら、こちらから行動を起こす必要がある。目上の人や社会的地位のある人が相手なら、さらに大変だ。
しかも、相手が自分と同じことに興味があるかどうか、話してみるまでわからない。せっかく話しかけても、相手が興味を持ってくれなければ、押しつけがましくなってしまう。
一方、プルのコミュニケーションは、プッシュよりもコストがかからない。情報を発信しておけば、それに興味のある人がやってきてくれる。
情報をネット上に置いておくだけで、インターネット以前では絶対に出会えなかったような人と気軽に、かつスピーディーにつながれるというわけだ。この特性がビジネスに有用であることは、想像に難くないだろう。
2つ目は、「蓄積効果」があることだ。普通のビジネスパーソンが発信できる情報は地味で小さなものだが、継続すれば実績として蓄積され、可視化されていく。
インターネット以前は書き手と読み手の間に明確な線引きがあり、意見を発信できるのは限られた人間だけだった。
ところが、インターネットによって、個人でも気軽に発信できる時代になった。自分の仕事に関連するテーマについての学びや気づき、雑感を発信しておくと、のちのち他の人に大きく差をつけることができる。
3つ目は、「思考訓練」の効果だ。SNS発信は、自分の考えをアウトプットする場である。発信によって、自分の考えをまとめる訓練ができる。
インターネットが普及した今、情報を記憶しておく必要はなくなった。それよりも、ネットを駆使して、必要な情報を必要なときに引き出せるようにしておくほうが重要だ。
そこで意味を持つのがアウトプットだ。人間は、読んだことはすぐに忘れてしまうが、アウトプットしたことは記憶に定着しやすい。
情報をインプットしたら、SNS上でアウトプットしておこう。そうすれば、あとから検索で必要な情報を取り出すことができる。

面倒でも手続きを踏もう


ビジネスパーソンがSNS発信を行うにあたり、怠ってはならないのが就業規則の確認だ。
SNS発信に対する組織のスタンスは大きく3つに分けられる。明確に禁止している組織、なんとなく禁止の雰囲気のある組織、そしてSNS発信を推奨している組織だ。
私たちには言論の自由があり、本来就業時間外のSNS発信を禁じられることはないはずだが、強行突破は禁物だ。SNS発信の目的や使うツール、発信内容、発信しないこと、発信によって期待できる効果などをまとめ、上司に打診するといいだろう。
無事に許可が得られたあとも、実際に行っている発信や得られたメリットなどを日常的に共有しておけば、上司との関係は良好に保てる。
発信が認められても、発信内容には注意が必要だ。社会人として、就業規則に違反しないこと、社外秘や仕事で知り得た情報を漏らさないことなどには注意したい。
特にはじめのうちは、直接的に仕事の話を書かないことが重要だ。自分が持っている情報の中には、他部署や取引先が公にしてほしくない情報もあるだろう。
こうしたことを的確に把握できるようになるまでは、直接的に仕事の話はせず、たとえ話を用いる、抽象化するなどの工夫をする。

画像2

自分の名前で仕事がひろがる 「普通」の人のためのSNSの教科書

どのツールで発信するかを決めたら、さっそくアカウントを作る。仕事に役立てたいなら、実名での登録が基本だ。実名でないと、リアルのビジネスにメリットがない。
どうしても実名発信が怖いという場合は、匿名で始め、慣れたころに実名に切り替えてもいいだろう。実名登録が基本であるFacebookを利用して、実名のコミュニケーションに慣れておくのもひとつの方法だ。
プロフィールに組織名を明記するかどうかは、上司と相談して決める。本来ならば組織名も出したほうがいいが、難しい場合もあるだろう。それでも大まかな業種や職種など、出せるものは出しておくことがお勧めだ。
いざ発信を始めるとなっても、いきなり自分の意見を発信しはじめるのは難しい。まずはその発信ツールにおけるコミュニケーションの雰囲気や作法を知るために、ひたすら見る、読むことから始めよう。
仕事に役立てたいなら、まずは「師匠」のような人の発信をフォローする。リアルでは気軽に会えない人でも、ネット上なら簡単につながれる。また、同じ業界で自分に近い立場の人の発信に注目するのもいい。
慣れてきたら、リアクションをしてみよう。他の人の発信にコメントをつけたり、「いいね」を押したり、リツイートしたりしてみる。

リアクションに慣れてきたら、いよいよ自分の発信を始める。発信のハードルを上げないために重要なのは、発信を「自分のメモ」だと考えることだ。
セミナーに参加したり、本を読んだり、ニュースを見たりしたとき、メモを取ることは多いだろう。それを自分のパソコンの中や手帳に書いておいただけでは、ほとんど見返さないはずだ。ならば、そのメモをネット上に公開してみよう。そうすれば、あとから検索しやすくなるし、それを見た人との「プルのコミュニケーション」が生まれる可能性もある。
「自分のメモ」に何を書くか。続けやすいテーマは「イベント」「ニュース」「本」の3つだ。それぞれ内容のまとめに自分の意見を添えてみよう。ただし、イベントの場合は、内容を公開してもいいかどうかをよく確認しておく。

ロールモデルを見つける


本書では、10の「発信のポイント」が紹介されている。要約では、そのうち2つのポイントを取り上げる。
まず、「ロールモデルを見つけ、自分らしさを確立する」だ。インフルエンサーの真似をする必要はない。自分らしい発信を心がけよう。
とはいえ、いきなり自分のオリジナルスタイルを確立するのは難しい。そこで、「こうありたい」というロールモデルを見つけ、しばらくその人のスタイルを真似してみるといい。
ロールモデルの真似をしていると、「もっとこうしたい」という部分が出てくるはずだ。ロールモデルのスタイルをベースとし、そこに自分のテイストを加えていけば、自然と自分のスタイルを確立できるだろう。

その人が興味をもちそうな切り口、表現を考え抜いて書いたメモは、本人だけでなく、その人と似た属性の読者の興味も引きつけるからだ。
はじめのうちは、周りにいる同僚や友人、家族などを想定して書いてみよう。その人たちに、「こんなことがあったんだよ。どう思う?」と語りかけるつもりで書く。
慣れてきたら、身近な人以外で、読んでもらいたい人を具体的にイメージする。そうして、相手に合わせて内容や表現を工夫すればいい。

画像2

自分の名前で仕事がひろがる 「普通」の人のためのSNSの教科書

組織で働く人は炎上や秘密漏洩を恐れて、ネット発信に及び腰になりがち。
しかしそうした「普通」の人ほど仕事上のメリットは大きいのです。
トラブルを起こさない、懐疑的な上司を説得できる、本業に支障が出ない程度に気軽に続けられる、でも、着実に自分の名前で仕事がひろがっていく、そんな方法が、実はちゃんとあります。
ヘッドハンターからスカウトメールが来た、自著を出版できた、講演会の講師に呼ばれた、顔が知れて社内での仕事が円滑にまわるようになった、といった個人的なメリットから、勤務先に大口の発注が来たり、超一流の外資系企業から日本の事業パートナーに選ばれたり、勤務先企業に利益をもたらすことも。営業、出世、人脈、PR、転職、出版などチャンスは確実に増えていきます。本書は、組織に属しながらビジネスチャンスを広げることを目的としたネット発信の方法を丁寧に解説。「バズる」「稼ぐ」とは一味ちがった、誰もが使えるネット発信の教科書です。

##目次
Prologue
ネットとリアルを分けない発信がビジネスを制す
バズらなくていいし、ビビらなくていい
組織人こそキャリアアップにつながる
「リアルの延長線上」でつかう
ネットを恐れる組織
「したたか」に発信しよう
「Withコロナ」「Afterコロナ」こそ

Chapter.0
ぼくはSNS発信に人生を救われた
「普通」の会社員が「プチ有名人」になるまで
巨大企業からのネガティブ転職
クビの恐怖でゲーム廃人寸前に
ブログが起こしたリアルの「革命」
「大企業的思考回路」からの脱却
ブロガー企画起ち上げでプチ有名人に

Chapter.1
ネット発信で「わらしべ長者」になる
「ハプニング」を生む「プルのコミュニケーション」
障壁となる「思い込み」
文章力や完璧さは追求しない
「メディア」だと思わない
お金儲けを考えない
役立つ情報かどうかは自分で判断しない
仕事に役立つ3つの理由
(1) 「プルのコミュニケーション」ができる
(2) 「蓄積効果」がある
(3) アウトプットが「思考訓練」になる
組織に依存しなくなると仕事がうまくいく
「シンデレラ」でなく「わらしべ長者」をめざそう
[Column1] 今、ぼくらがネット発信をする意味

Chapter.2
「アウトプット・ファースト」でいこう
自分のための「メモ」からはじめる
【準備編】
発信ツールの特性を知る
発信ツールは組み合わせてつかう
就業規則の確認は抜かりなく
強行突破はせず「手続き」を踏む
慣れるまで仕事の話は書かない
いきなり実名発信がこわいなら
最初は傾聴、慣れたらリアクション

【発信編】
失敗しない「自分のためのメモ」
続けやすいのは「イベント」「ニュース」「本」
発信のポイント1 軸を決め、キャッチコピーをつける
発信のポイント2 「アウトプット・ファースト」でいく
発信のポイント3 自分なりのペースを見つける
発信のポイント4 ロールモデルを見つけ、自分らしさを確立する
発信のポイント5 PDCAを回していく
発信のポイント6 自己ブランディングに役立てる
発信のポイント7 「この人に読んでもらいたい」という気持ちで書く
発信のポイント8 「徳力メソッド」を使う
発信のポイント9 対面で言わないことは発信しない
発信のポイント10 計画に時間をかけすぎない
ぼくなりの書き方
[Column2] もし、上司ににらまれてしまったら<? br><; br> Chapter.3
アウトプットを、したたかにズラす
「メモ」からコミュニケーションを生む
「自分のためのメモ」に小さな工夫をする
「プルのコミュニケーション」をうまく利用する
ズラすコツ1 意中の人や企業に探される準備をする
ズラすコツ2 運営元に選ばれる話題や切り口で書く
ズラすコツ3 流行りものには飛びついておく
ズラすコツ4 未来に重きを置き、ポジティブに書く
ズラすコツ5 ニッチに絞り「深さ」で勝負する
ズラすコツ6 正論よりも不完全を残す
ズラすコツ7 リアルを組み合わせる
ズラすコツ8 横のつながりに目を向ける
ズラすコツ9 無理ない範囲で背伸びをする
ズラすコツ10 量より質、数より熱量を重視する
[Column3] ぼくらに起こった「ハプニング」事例

Chapter.4
ビジネスパーソンは「逃げるが勝ち」
「火事場のヤジ馬」にならない
リターンとリスクは表裏一体
炎上とディスカッションの違い
炎上を引き起こす三つの背景
不適切なことをしなければ炎上しない
録音・録画されてテレビで流れても問題ないか
「フィルター」をもっておく
話題に気をつけ、対立構造に入らない
最初の対応を間違えない
説明するときは場を変える
エゴは認め、フィードバックに感謝する

Epilogue
本を閉じる前にアカウントをつくろう